稼ぐために押さえておきたい成功するポイント

>

先物取引は本当に稼げるのか、秘訣はなんでしょう?

どのような流れで取引するのでしょう

先に商品を購入する時期と値段を決めて、あとから会計をして商品取引するのが、先物取引の大まかな流れです。
例えば、この商品を3か月後に購入すると約束し値段を先に決めてしまいます。その2か月後に商品の値段が10%値上がりしたとします。この時、この商品を別の人が購入を希望した際、仲介会社を通して購入を希望した人に10%値上がりした値段で売却することができます。結果、購入を約束した日に価格の差額分を受け取れるのです。
この価格の変動が利益となります。この取引の約束の日には決めた約束の商品を必ず購入しなければなりません。最終取引の日までは自由に売買できるので、現在の価格と将来の価格を予測して売買契約を結ぶのです。
大抵の場合、例に出したように約束の日の時点では別の人に売却しているため、実際に商品を受け取るわけではありません。受け取ることも可能ですが、将来商品を受け取る権利が取引の対象となっているのです。

どのように注文するのでしょう

注文方法は「指値注文」と「成行注文」があります。
「指値注文」は、購入商品の価格を指定して注文する方法です。指定価格より高い値段で売りたい時や安い値段で買いたい時などに使います。価格を指定するので注文を出しても売買が成立できない場合もあります。
対して「成行注文」は価格を指定せずに注文する方法です。一番良い時に売り注文や買い注文に対して取引をします。現在の価格ですぐに売買できます。
これに加えて「ストップ」と「ストップリミット」が注文する際に重要となります。
「ストップ」とは指定した金額まで値下がりした場合に「成行注文」を出す注文方法です。注意する点は成行で注文の為、必ず指定した金額で取引が成立するわけではありません。「ストップリミット」とは同じく指定した金額まで値下がりした場合に「指値注文」が出される注文方法です。売買の値段の上限と下限を決めて取引します。その為取引が成立しない場合もあります。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ